範囲が広いマンションや一戸建ての掃除は業者に依頼しよう

清潔な空間を維持するために必要な空調の清掃

有害な素材

アスベスト除去

アスベストによる健康被害が問題にされ、日本でも1975年9月から吹き付けアスベストの使用が禁止されました。 しかし、未だ一般住宅や社宅、駐車場でアスベストの撤去が行われていない場合が多く、アスベストの壁を知らずに使用しているケースなども見られます。 もしも1975年以前に建てられた建物、または何か気になる事があった場合はすぐにアスベスト除去を行っているリフォーム業者に相談したほうが安全です。 アスベストには触らなければ健康被害のない住宅用建材や、すぐに撤去すべき吹き付け壁などがあります。前者は封じ込め工事で、空気中にアスベストが飛散しないよう専用薬剤を塗布することも出来ます。アスベストは建築物の耐火のため使用される事が多く、除去する場合はその後に復旧作業を行わなければ安全な住宅にはなりません。 安すぎるアスベスト除去業者はアフターメンテナンスを怠る場合もあるため、業者を選ぶ時は慎重になる必要があります。 アスベスト除去の料金はその範囲や方法によって様々です。各自治体から助成金制度や融資制度を受けられる事もあるので、そちらを利用すると便利です。

アスベストの除去をするには

アスベストは、石綿とも呼ばれており、断熱性に優れていた為、住宅の断熱材として、広く用いられてきました。また天井裏などへ吹付で行われたものもあります。アスベスト使用が問題になっているのは、除去作業時にアスベストを吸い込んでしまうと、人体の肺に留まり、肺がんの原因になることが分かったからです。 自然界にもとから存在する羊毛などは、肺の中で溶かされることが知られていますが、アスベストは溶解されることがありません。現在は代替え材として、グラスウールなどが知られています。(ガラスを繊維状にして、断熱材として使用) アスベストは人体に取り込まない限りは影響はないのですが、住宅の解体除去に周囲にアスベストが飛散することで、周囲環境に問題ありとされています。そのため、除去をする際には、防塵マスクを使用し、除去作業をする人への健康に害が出ないように、飛散防止の前処理をしてから行うことが求められています。